機械設計士のメモ。勉強した事・ノウハウ・資料のシェア。

機械設計メモ2

・ボールねじ

THKのボールねじカタログにある定格荷重の記号「Ca」と「C0a」について




今日は「THKのボールねじカタログにある定格荷重の記号「Ca」と「C0a」について」のメモです。この定格荷重の記号の説明がカタログの寸法表に載っていないので混乱する方も多いですのでここにメモしておきます。

基本定格荷重

ボールねじの基本定格荷重

ボールねじカタログ(寸法表)の基本定格荷重の「Ca」と「C0a」は、以下のように荷重を現しています。(この寸法ページには説明がないので混乱します)

  • Ca:基本定格荷重(N)
  • C0a:基本定格荷重(N)

ボールねじの動定格荷重と静定格荷重の関係は「基本定格荷重 < 基本定格荷重」となります。

 

【補足】LMガイドの定格荷重の呼び方

ちなみにLKガイドでの基本定格荷重の呼び方は、

  • C:基本定格荷重(N)
  • C0:基本定格荷重(N)

ここもボールねじと同じように「基本定格荷重 < 基本定格荷重」となります。

 

ボールねじの定格荷重には「a」が付くんです。 以上となります。

■この記事に情報が無かった場合の検索窓(当サイト内のタグ・語句を検索)






-・ボールねじ
-, , , , ,

Copyright© 機械設計メモ2 , 2019 All Rights Reserved.