【一言】

設計者が実際に組立をすると良い理由の一つ は 「え、何これ?」 という 想定外の事態を体験する事で、次に予防策を図面で講じられるようになるから だと思います。

特に幾何公差の必要性を知るには組立は効果的で、位置は合っていても穴姿勢が悪くて組めないとかあります。 それを繰り返して成長すると思うんですが、 設計者が現場に行くとだいたい気まずいので避ける傾向にありますが、それをあえてする事が設計力を上げるのに効果的 だと思います。

アーカイブ:2023 2024

【期間限定-本日最終】ご意見・ご感想・ご支援のお願い
2/21〜2/29の間、当ブログでは皆様のご意見・ご感想・今後期待する事などをご支援兼ねて募集しています。アカウント登録不要(匿名可)で、1文字2円で当ブログにメッセージを届けるサービスです。当ブログが少しでもお役に立ちましたらほんの気持ちで十分ですので是非ご支援とメッセージお願いいたします。


OFUSEで応援を送る