フリーランス・機械設計士のメモ。勉強した事・ノウハウ・資料のシェア。

機械設計メモ2

・ケーブルベア

ケーブルベアのキリの良い設置寸法の決め方

2017年9月1日




今日は「ケーブルベアのキリの良い設置寸法の決め方」についてのメモです。先日、他の人が書いた設計において「ケーブルベアの動く前と動いた後のケーブルベアの長さ(周長)が違う」事が気になりました。今日はその問題を回避するためにケーブルベアのキリの良い設置寸法の決め方をメモいたします。どうぞご利用ください。

※この記事では全品種適用の一般的なケーブルベア設置についての計算であり、下記特殊利用の計算は含みませんので宜しくお願いいたします

  • 支持ローラ付きの設置
  • 支持プレート付きの設置
  • ロングスパン仕様

 

ケーブルベアの計算

ケーブルベアを図面で書くと「動く前と動いた後のケーブルベアの形状がなんか違う・どこか対称的ではない」という事がたまにあります。(正確には対称にはなりませんが)

別にダメではないのですが、出来れば無駄なくケーブルベアを設置したいところです。

ケーブルベアのキリの良い設置寸法の決め方

この図のように、寸法的にもきれいなケーブルベアを無駄なく設置するには、動く前と動いた後のケーブルベア形状をしっかり計算する事が必要です。

 

動く前と動いた後の長さを揃える

それでは、ケーブルベアが動く前と、動いた後の寸法が一緒になる書き方と、それを導き出す計算方法をエクセルシートにして残したいと思います。ここで例に挙げているケーブルベアは椿本さんの「TKP45H25-40W58R95 32L」です。

ケーブルベアのキリの良い設置寸法の決め方2

 

ケーブルベアの計算方法

ケーブルベアの必要長さを計算するのには以下の項目を準備します。※P.T.Hはカタログを見て適切なケーブルベアを選定してください。

  • Pケーブルベアピッチ(mm)
  • Tケーブルベア高さ(mm)
  • H設置高さ(mm)
  • Sストローク(mm)

そして、次に稼動するに当たってのおおよそ必要なケーブルベアリンク数を求めます。

 

P,T,H,S,Yより、おおよそ必要なリンク数を求める

n=((S/2)+((PI()*(H-T))/2)+(2*(P*Y)))/P

 

上記計算によりおおよそ必要なケーブルベアのリンク数がわかるので以降の計算式でキリの良いケーブルベアの設計をしてください。式内の「Y部」は余裕を見たいリンク個数を記入します。Yの余裕個数の考え方ですが、出来れば駆動機器のストロークより動けるようにリンク個数を含めてください。

例えば、500stのシリンダで450stしか使わない場合500st動いても大丈夫、むしろちょっと余裕がある設計にしておくのが良いという事です。また、設計上ではなく組立の置寸法誤差を吸収するためであったり、その後の設計変更(ストローク変更)などにも多少対応できるためです。

 

ケーブルベアの全長Aを求める(Lの確定リンク数による計算)

A[mm]=P*L

 

ケーブルベアの弧長③を求める

R[mm]=(H-T)*PI()/2

 

ケーブルベアストローク半分⑤を求める

S1[mm]=S/2

 

ケーブルベア可動側の余分長さ⑥を求める

K1[mm]=(A-S1-R)/2

 

固定側の余分長さ⑦を求める

K2[mm]=L1

 

計算エクセルシート

ここではケーブルベアの設置寸法が計算できるシートをダウンロードできます。どうぞご利用ください。

以上です。

■この記事に情報が無かった場合の検索窓(当サイト内のタグ・語句を検索)






-・ケーブルベア
-, , , ,

Copyright© 機械設計メモ2 , 2020 All Rights Reserved.