フリーランス・機械設計士のメモ。勉強した事・ノウハウ・資料のシェア。

機械設計メモ2

・機械設計士の現実

機械設計の時間単価の相場

2018年6月25日




今日は「機械設計の時間単価の相場」についてメモを残そうと思います。ここではツイッターを利用したアンケート及び、私が個別に入手した機械設計の時間単価をまとめ、大体の相場を把握してみようとおもいます。

rawpixel / Pixabay 

機械設計の時間単価

機械設計の単価には、大きく分けて3種類有ります。

  • 図面1枚辺りの単価
    ⇒ 手書き図面をCADデータ化するなど。図面サイズに応じて価格が違う
  • 構想設計と部品図などで分けた時間単価
    ⇒ 作図難易度に応じて単価が違う
  • 1時間辺りの単価
    ⇒ 単純な時間単価

上記二つの単価の違いは、会社さんによって違う所です、上記2つの場合はちゃんと価格が提示されているので別途確認してみてください。最近では、従来の2次元CAD図面を3DCAD化するお仕事もありますが、この場合は単純なトレースで終わらない場合が多々あるため、図面1枚単価ではなく一時間辺りの単価での作業になると思います。

 

この記事では一時間あたりの機械設計単価に着目します

皆様の周りの機械設計の単価ってどれくらいが相場となっていますでしょうか?自分の周りの相場は把握できても、全国的にどうなのか気になる所です。ツイッターでアンケート取ってみました。

 


このアンケートに8件の回答を頂くことが出来ました。(ご回答くださった方々有難うございます)

 

機械設計の時間単価の相場

そして、別途私の知り合い設計士(9回答)に聞いてみた所の時間単価が下記になります。個人で得た単価に対する使用CAD、地域の内容です。ツイッターではCADの情報及び地域は得ていません。

 

  • 2500/h:1 <中部2DCAD個人>
  • 3000/h:3 <中部2DCAD個人、中部3DCAD会社、中部3DCAD個人>
  • 3200/h:1 <中部3DCAD会社>
  • 3500/h:2 <中部2DCAD個人、関西2DCAD会社>
  • 4000/h:1 <中部3DCAD会社>
  • 6000/h:1 <関東3DCAD会社>※セットメーカーがエンドユーザに対して ※これは除外

 

この結果には驚きました。かなりバラついています。

 

おおよその機械設計単価のレンジ

上記の情報と、CADの関係をまとめてみると、

 

  • 2DCAD設計:2500~3500円以内
  • 3DCAD設計:3000~4000円以内

 

と、なりました。

2DCADと3DCADの価格差ですが、成果物での付加価値として考えると良いかと思います。決して3DCAD利用者のスキルが高いという意味ではありません。その会社さんが扱うCADと、維持費の関係で時間単価が変わります。

CADの維持費については、一般的に3DCADを扱っている会社さんはそのCADに保守を掛けている場合もあります。それを加味して時間単価は少し高めになっている場合があります。※保守の金額は、CADの種類、グレードの種類により異なりますが、1本あたり、20~30万/年になります。

 

時間単価と技術レベルの関係

そうは言ってもこれだけ時間単価が違うと実際にどう切り分けて考えれば良いか悩むところだと思います。

 

これは、私個人の考え方ですが、

  • 2DCAD設計:3000円以上の提示はかなりレベルが高い層
  • 3DCAD設計:3500円以上の提示はかなりレベルが高い層

 

と、考えてもらえればと思います。

逆にいえばそれなりの単価を請求してくる設計士さんは、レベルが高くないといけません。設計士としてのレベルが高いというのはどうゆう事かというと、依頼側の仕様書の意味を理解し、必要な情報を自ら得て設計できる人=自己完結できる人になります。要するにCADオペレーティングだけでは単価3000以上は難しそうですね。

 

機械設計時間単価の話であるあるの話

機械設計のお仕事は、常に既存のお客様から仕事を請けるだけでなく新規のお客様からも仕事を請けます。同じ地域で、新規の仕事を請ける際の時間単価は、お互いにその地域の相場を理解していればその相場にあった形で採用されますが、他県でのお仕事になると、その地域の価格の相場と差が生まれるため、交渉を受けることがあります。

逆に、同じ地域でも相場より高い交渉をすると、地域の相場に合わせるように逆に交渉されます。

そして、その相場は基本的に個人でお仕事をしている方の設計単価が一般的な相場価格になっていることが多いので、複数人の設計士を抱えている会社さんとの取引は、それ以上の単価を提示されるのが一般的です。

 

機械設計は時間単価より掛かる時間に着目

機械設計のお仕事を依頼する場合に重要視して欲しい内容は

 

「時間単価よりも掛かる時間を気にする事」

 

です。

どうゆう事かというと、時間単価がやすくても、掛かる時間が長ければ結局高い買い物になりますし納期が遅くなります。なので、時間単価で仕事を依頼するべきかを悩むよりその成果物で得られる事にどれだけ時間が掛かるのか、そしてお金が出せるのか。設計期間が長引くことは、発注側の拘束時間も長引くということになりますので、その事に意識をもってもらえればよい関係を築く事が出来るのではないかと考えています。

 

最後に

今回、機械設計の時間単価の相場をまとめてみましたが、設計士をしている私でもびっくりするくらいの差がありました。

ですので、初めて依頼する方にとっては設計費用がどれくらい掛かるのかとても怖いかと思います。その場合は、狙いの設計会社さんに見積りの依頼をしてみてください。大体の把握が出来るかと思います。※たまに、お断り値段としたかなり高額の見積が出てくる場合があるので、複数の会社さんへ見積りをもらうようにしてください。

ちなみに私の単価は、時間単価3000円です。

以上です。

■この記事に情報が無かった場合の検索窓(当サイト内のタグ・語句を検索)






-・機械設計士の現実
-, ,

Copyright© 機械設計メモ2 , 2020 All Rights Reserved.