SS400フラットバー(平鋼・FB)の規格寸法一覧【表付き】

2018年7月3日

今日は「SS400フラットバー(平鋼・FB)の規格寸法一覧」についてのメモです。

 

  • SS400フラットバーの購入寸法知りたい方
  • SS400フラットバーの寸法公差などの規格を知りたい方
  • フラットバーを扱った設計の仕方を知りたい方

 

に向けた記事になります。




SS400フラットバー(平鋼・FB)

SS400フラットバー(平鋼・FB)の規格寸法

機械設計では鉄材質のSS400などのフラットバーをよく利用します。

 

「フラットバー(平鋼・FB)」とは、長方形の断面に熱間圧延された鋼で、所定の長さに切断され供給されるものをいいます。

 

このように規格寸法で提供される部材を選択し、必要な形状に加工して使います。以下は、フラットバーの規格されている寸法表です。(抜粋)

 

 

フラットバー(平鋼・FB)のJIS規格・製造公差について

フラットバーのJIS規格はJIS G 3194(1998)になります。

 

この規格では、熱間圧延によって製造された平鋼の外観、形状の限度や寸法、質量及びその許容差について規定されていて、このJIS規格の適用範囲及びこの規格で規定する許容差等級の選択は、特に指定のない場合は、下表のB級を適用するものとしています。

 

 

 

フラットバー(平鋼・FB)をそのまま使わない理由(その1:形状が不安定)

設計初心者の方は「それなら始めからその寸法のまま使えば良くない?」と、お考えになるかと思いますが、フラットバーが作られる熱間圧延は形状が不安定です。それは、規格からも読み取れます。

 

フラットバー厚さの許容差

 

 

フラットバー幅及び長さの許容差

 

 

フラットバーかど落ちの許容差

 

 

フラットバー曲がりの許容差

 

 

フラットバー(平鋼・FB)をそのまま使わない理由(その2:表面の黒皮)

フラットバーは表面に酸化した黒い酸化鉄が残っています。よって、フラットバーを利用する場合は必要部分を削って利用します。また、必要な形状にするまで、あまり削りすぎないフラットバーの寸法を選択するのがポイントになります。

 

逆に言うと、フラットバー規格寸法に合わせて設計する場合もあります。他にはフラットバー同士を溶接して構造体を作り、その構造体の必要な部分だけを削って利用する場合もあります。

 

 

 

 

フラットバーは便利ですが、そのまま使う所は寸法精度を気にしない場所のみになります。先ほどの例で表すとこんな形です。

 

 

(  )内の寸法が、FBを利用しても良い部分になります。※参考まで

機械設計にも色々なカテゴリーがありますが、こういった規格材料を上手く使いこなせる「センス」を磨いてくださいね。

 

 

フラットバー(平鋼・FB)規格表のダウンロード

ここでは「フラットバー規格寸法の一覧(抜粋)」をダウンロード頂けます。どうぞご利用ください。

 

【参考】フラットバー(熱間圧延品)と比較されるミガキ材(冷間引き抜き品)について

フラットバーとよく比較対象にされるミガキ材についての記事もあります。是非そちらも確認してみてください。

 

以上です。

▼ Sponsored Links ▼






-【6】材料/材質/処理/特性
-

© 2020 機械設計メモ2