ダウンロードしてきた3Dモデルのタップ内径でタップサイズを把握する方法

2018年10月19日




 

今日は「ダウンロードしてきた3Dモデルのタップ内径でタップサイズを把握する方法」です。タップ内径(めねじ内径)の解る資料を提供したいと思います。

タップ内径

3DCADを扱う人なら薄々気づいている事だと思いますが、購入品などの3DCADデータをダウンロードすると、例えば「M8のタップのはずなのに直径の寸法がM8を想像させる寸法になっていない」です。

 

 

 

ボルト(おねじ)とナット(めねじ)の関係を理解している方は解ると思いますが、設計初心者はたまに「データがおかしい」などと勘違いしちゃうことがあります。また、これらが壊れているデータなのかもこの時点ではわかりづらいです。

 

 

3DCAD中間データのネジ部の穴寸法はタップ内径寸法です

上記のような場合「ネジ部の穴寸法はタップ内径寸法」であると認識していれば良いです。先ほどのM8用タップの寸法がφ6.647だったが、それはM8用タップ内径がφ6.647だったからという事です。

 

 

 

 

タップの内径が解る表をダウンロード

ここではタップの内径がわかるエクセルシートをダウンロードいただけます。使いやすいようにカスタマイズしてご利用ください。

 

※ご注意:今回記事に利用したCADデータは、モデルの直径とJISのタップ内径と一致しましたが、中には若干違うCADデータを扱っているメーカーもありますのでご注意ください。(各メーカーごとにCAD設定が異なることがあるため)

 

関連記事:2DCAD/3DCAD

 

以上です。

 

【期間限定-本日最終】ご意見・ご感想・ご支援のお願い

2/21〜2/29の間、当ブログでは皆様のご意見・ご感想・今後期待する事などをご支援兼ねて募集しています。アカウント登録不要(匿名可)で、1文字2円で当ブログにメッセージを届けるサービスです。当ブログが少しでもお役に立ちましたらほんの気持ちで十分ですので是非ご支援とメッセージお願いいたします。


OFUSEで応援を送る