機械設計士のメモ。勉強した事・ノウハウ・資料のシェア。

機械設計メモ2

・2D・3Dについて 3.CAD関連

ドラフトサイトの無料版が無くなって2019年より全てが有料に。その有料価格と周辺情報のまとめ

投稿日:




今日は「ドラフトサイトの無料版が無くなって2019年より全てが有料に。その有料価格と周辺情報のまとめ」です。

ついに恐れていた(あるはず無いと思っていた)ドラフトサイトの有料化が2019年から実施となりました。ドラフトサイト無料版を利用していた私ですが、この有料化に伴い調べたこと(特に有料価格や周辺情報)のまとめをメモしておきます。

ドラフトサイト(DraftSight)

ドラフトサイトはどんな2DCADだったのか

始めに、ドラフトサイトを知らない方にドラフトサイトがどんなCADなのか簡単に説明します。

ドラフトサイトがどんなCADだったかというと、一言でいうと「まるでAutoCAD」でした。操作感は同じといっても良いほど似ていましたし、実際AutoCADを過去に使ったことがある僕が、ドラフトサイト無料版において少し物足りなさはあったものの、バリバリお絵かきできる代物でした。業務でも十分使えます。また、当時多くの設計士が利用していたAutoCADと同じ拡張子「DWG」が扱えるCADでした。心の中では「AutoCADに対する挑戦状ではなかろうか・・・」と、思いながらも、「無料でここまで出来るし、みんなこのCADで統一すればいいのに」と思うほどでした。

しかし、残念ながらこのドラフトサイトは2019年より有料化されます。(非常に残念)

 

ドラフトサイトの2018年までと2019以降の違い

では、ドラフトサイトが有料化に伴いこれからどうなるか。公式通知ではこのようになっています。

 

引用:DraftSight日本語特設サイトより

DraftSightは、2019版以降、3次元機能を強化し新しいパッケージをご提供するだけでなく、Cloud版などの技術にも取り組んでいく最初のバージョンになります。

 

とのことです。

 

私たち利用者が気にする事

現在ドラフトサイトの無料版を持っている人への影響

  • 2019年12月31日まで使用可能(期間内であれば再アクティベーション可能)
  • 2019年12月31日以降は使用不可能になる。

 

無料版ドラフトサイトを継続したい人も買う必要あり

  • 過去バージョンのドラフトサイトは2019年12月31日を以て使用不可能になるので新規購入手続きが必要。

 

ドラフトサイトの価格と購入方法

ドラフトサイト2019の購入

  • Standard($99/12カ月)※過去無料版
  • Professional($199/12カ月)
  • Premium($499/12カ月)

上記3つは「https://www.draftsight.com/」にて期間ライセンスの購入が可能

 

ドラフトサイト2019Enterprise(ネットワークライセンス、テクニカルサポートを含む/含まない)の購入

  • Enterprise(販売店価格/12カ月)※エンタープライズと読む
  • Enterprise Plus(販売店価格/12カ月)

上記2つは販売代理店から購入が可能で、見積りは「https://www.solidworks.com/how-to-buy/request-quote-draftsight-enterprise」にて12か月の保守払い、一括払い、以降12か月毎の保守払いの選択が可能。

詳しくは「DraftSight日本語特設サイト(https://www.solidworks.com/ja/product/draftsight_JPN)」をご確認ください。

 

2DCADはこれからも必要?

ここからは僕個人的な考えになりますが、2DCADはこれからも必要か。今思っていることをメモしておきます。

ほとんどのCADは、そのCADソフト専用の拡張子で扱われ、加工用データにされる際によく使われるDXFという拡張子に変換します。最近は最DWGの読み込めるのもも多いかもしれません。ドラフトサイトの無料版を利用している人の多くが、AutoCADの拡張子DWGを直接読み込む目的(直接読み込む事で化け等がほぼ無くなる)、またはDWGを加工データようにDXFデータに変換するためです。(基本設計しない人達の所有が多いです)

ドラフトサイトが出るまでは、AutoCADが多くの設計者に利用され、設計を深くしないユーザーでもわざわざAutoCADを購入していた所もあると思います。それがドラフトサイトの無料版登場により、設計として使わない人でも気軽に利用することができるようになりました。もちろん、私たち設計者もAutoCADデータを読み込める事から、無料版を利用して新規の仕事を取ることもできました。(今思えば無料ってやりすぎでしたよね・・・)

現在の私の場合、手持ちの3DCADのスケッチ機能(2Dでの下書き)においては使いづらさ、びっくりするくらいの重さがあったため、ドラフトサイトで必要部分だけに修正してから3D空間へ取り込むような作業をしていました。ですから、設計用途ではない利用においては、無料で最新が使えたドラフトサイトはかなり重宝していました。

少し話がずれますが、富士通ではiCADという2D、3D両方に強いCADもありますが、内部で3Dモデルと2D図面を切り離せるため、私の性格では難しくて扱えないCADでした。

正直、これから今の3DCAD側で2次元機能の強化がない限りドラフトサイトを購入するしか道は無さそうです。(古い2DCADをまた復活させるのもありですが・・・)あと、今後のCADというのは、今のような2Dと3Dの区分けがはっきりしている状態から、徐々に融合していくようなCADソフトになっていくのかもしれませんね。

とにかく今回は残念でした。以上です。

 






-・2D・3Dについて, 3.CAD関連
-, , ,

Copyright© 機械設計メモ2 , 2019 All Rights Reserved.