機械設計の仕事は無くならないと思います。AIに仕事を奪われる事もない。

2019年4月24日

 

今日は「機械設計の仕事は無くならないと思います。AIに仕事を奪われる事もない。」というメモです。

 

これから仕事を決めていく学生さん、今機械設計を始めた方、よくある「AIに機械設計の仕事を奪われる」という情報に対して私が思っている事を書いてみようと思います。

ninabobo88 / Pixabay




AIに奪われる仕事

本当に機械設計の仕事がAIに奪われるのか

つい最近まで、いたるところでAIによって将来的になくなる仕事(代替可能な仕事)が発表されていました。

 

その中に「機械設計・CADオペレーター」なども含まれていて、それを見てしまったがために今後機械に携わる仕事に将来性を感じない人も多いのではないかと思っています。

 

もちろん、機械設計だけでなく工場での仕事自体が機械化により将来的にヤバイと思っている人も多いかと思います。

 

WEB上では、こんな記事もありました。

引用:設計業界の将来性は?AIでなくなる仕事なのか機械設計士の告白メモ

「近い将来、私のいる業界は、機械、建築、電気ともに確実にAIに取って代わられるでしょう。」

 

上記の内容ですが、僕にはちょっと理解ができませんでした。

 

 

僕が感じていること

機械設計の仕事は こういうものだと断言できないほど幅が広い です。

 

例えば、AIを使って機械設計を効率化できる内容は解析を含めた最適構造を見出だすようなもの、つまり ある程度形に制約がありその空間に必要な要素がある程度決まっているもの です。わかりやすい機器で言うならモーター、電磁ブレーキの様な機器ですね、大きくは変えられないので、微妙に条件をずらしながら検討する作業の代わりにAIは欲しい所だと思います。

 

ただ、誤解があってはいけないのですが、モーターなどの製品でも市場要求への新しいチャレンジがあるので、それはAIなんかでは出来ないでしょう。

 

では、機器の設計以外の設計、生産設備などはどうか。

 

例えば専用機のように、特定のワークを運んでプレスしたり、切ったり組つけたりする ベースの無い機械設計 です。私はここ数年、こういった機械を設計していますがロボット化が難しい部分って沢山あるんです。身近なネタでいうと

 

  • 設備レイアウトの決定
  • 使う鋼材
  • 使う機器メーカーの選定
  • 塗装などの表面処理
  • エアシリンダのフルストローク中の使用ストロークの決定
  • 安全柵の扉の場所
  • アンカーの使い方
  • キャスターの有無

 

等々・・・沢山あります。

 

お客さんの要求を満足するためには その場に応じた適切な対応があり、それらは100点である必要が無かったりします。(伝えたい事伝わりますかね?)

 

 

しかし、僕がAIにお願いしたい事はある

ここからは、僕がAIにしてもらえると助かる仕事の話をしたいと思います。

 

それは「設備の計画・見積り」です。

 

先ほど私は 生産設備(専用機)の設計をしていると言いましたが、この生産設備に関しては 「計画 → 見積り」の流れが全く改善されていない んです。お客様から見積もり依頼がくると

 

  • 簡単な仕様書 や
  • 類似の現物 もしくは
  • ポンチ絵

で機械の見積もりしなければいけないんですよね。だから機械を作るのは見積り命、ここミスると大変な事になるので このモヤモヤを是非AIで改善して欲しいな と思います。見積もりは、詳細設計と違って

 

  • 過去の実績
  • 大型の購入品(型式・必要点数)
  • 納期
  • 計画図

 

などでおおよそ出せるといえば出せますので、順序さえ間違えなければ一番教えやすい仕事になるかもしれない。もし、それをAIがやっててくれるなら色々が解決すると思うので、これには期待しまくっている所です。

 

 

最後に

今日はAIに仕事を奪われないという話からどうAIを利用していくのかという二つの話をしましたが、日本には日本に合ったやり方ってきっとあると思うんですよね。正直、AIに仕事奪われるとか 今働いてる人もいるしそこに夢を抱いて働こうとしている人に対して大げさなコンテンツが多いなぁ という印象です。

 

だから、今日は「実際はそうでもないんじゃない?CADオペレーターだって、ただモデル書くだけの仕事じゃないんだよ?」という思いで記事を書かせてもらいましたので、今後も安心して機械設計のお仕事をしてもらえればと思います。

 

以上です。

▼ Sponsored Links ▼






-【1】機械設計について
-

© 2020 機械設計メモ2