機械設計士のメモ。勉強した事・ノウハウ・資料のシェア。

機械設計メモ2

・機械設計の仕事内容 0.機械設計の仕事

機械設計の仕事全てがAIに仕事を奪われる事はない

投稿日:




今日は「機械設計の仕事全てがAIに仕事を奪われる事はない」というメモです。これから仕事を決めていく学生さん、今機械設計を始めた方、よくある「AIに機械設計の仕事を奪われる」という情報に対して私が思っている事を書いてみようと思います。

 

ninabobo88 / Pixabay

AIに奪われる仕事

本当に機械設計の仕事がAIに奪われるのか

つい最近まで、いたるところでAIによって将来的になくなる仕事(代替可能な仕事)が発表されていました。その中に「機械設計・CADオペレーター」なども含まれていて、それを見てしまったがために今後機械に携わる仕事に将来性を感じない人も多いのではないかと思っています。もちろん機械設計だけでなく工場での仕事自体が機械化により将来的にヤバイと思っている人も多いかと思います。

 

中にはこんな記事もありました。

引用:設計業界の将来性は?AIでなくなる仕事なのか機械設計士の告白メモ

「近い将来、私のいる業界は、機械、建築、電気ともに確実にAIに取って代わられるでしょう。」

 

僕が感じていること

自分が機械を設計しておきながら「機械設計とはこういうものだ」と言い切れないくらい幅が広いのがこのお仕事の特徴です。

例えば、AIを使って機械設計を効率化できる内容は、解析を含めた最適構造を見出だすようなものだと思うんです。ある程度形に制約がありその空間に必要な要素がある程度決まっているものです。分かりやすい機器で言うならモーター、電磁ブレーキの様な機器。ひょっとしたら決まった軸数のロボット自体のメカ構造ですらその範囲に入ってしまうかもしれません。あと、部品の形状です。人が同じ事を微妙にずらしながら検討する作業の代わりにAIは欲しい所ですよね。そのため開発(類似の新製品など)に近い作業はひょっとしたら早い段階で入れ替わってくるかもしれません。しかしそれらは各メーカーのノウハウの詰まった物になるはずなので私たち一般人にはリリースされない気がします。

 

では、機器の設計以外の設計はどうか。

 

機器以外の機械設計とは「器機を使って機械を作る」イメージの仕事です。例えば専用機です。特定のワークを運んでプレスしたり切ったり組つけたりするベースの無い機械設計です。私はここ数年、こういった機械を設計していますがロボット化が難しい部分って沢山あるんです。人工知能化と言うのが正しい言い方か、ロボット化という表現が正しいかは解りませんが、その場所にいる人間でしか判断出来ない部分を、超身近なネタで箇条書きにしてみます。

  • 設備レイアウトの決定
  • 使う鋼材
  • 使う機器メーカーの選定
  • 塗装などの表面処理
  • エアシリンダのフルストローク中の使用ストロークの決定
  • 安全柵の扉の場所
  • アンカーの使い方
  • キャスターの有無

等々・・・他にも沢山あります。これをAIに変えるのは無理じゃないかな?という判断です。やはりお客さんの要求を満足するためにはやはりコミュニケーションが必要ですからね。そもそもAIにDRで指摘しても論破されそうですし。(考えすぎ、、、) とにかく、AIで機械設計の全てが入れ替わるというのはないと思います。

 

しかし、僕がAIにお願いしたい事はある

さっきまでの話で「AIによって機械設計の仕事が全て奪われるわけではない」という話しはおわりました。ここからは、僕が思うAIにしてもらえると助かる仕事の話をしたいと思います。

 

それは「設備の計画・見積り」です。

 

この「計画・見積り」の流れが全く改善されていない製造業。仕様書と類似の現物(もしくはポンチ絵)で機械の見積もりしなければいけないんですよね、ここ何十年も。

機械を作る側としたらリスクの高い事です。しかし依頼する側の立場にたってみると、そうやってお願いするしかない、作る側の経験に任せたいという想いもあるはずです。このモヤモヤを改善できるのがAIだな。と思います。

実は、計画はすれば出来るんですよね。ただ、我々人間だとやる時間がないのと、計画に費用が発生しないから大した計画できないという問題があります。見積もりだって、計画図と大型購入品などの主要メンバーと大型部品がある程度解ることで劇的に精度が上がります。設備の計画は、設計の順序を的確に捉えたら、計画のお絵かき位は出来ると思うんです。ここは各設計者のノウハウが入る所ですが、僕が仕事のパートナーを採用するとしたらそこに当たってもらうと思うんですよね。ある程度CADが使えるなら。

理由はいくつかありますが、順序さえ間違えなければ一番教えやすい仕事になるかもしれない。もし、それをAIがやっててくれるなら色々が解決すると思うので、これには期待しまくっている所です。あと、AIロボットと固定機械のコラボによる劇的進化も話したいところですが、話題が違いすぎるのでまたいつか。

 

最後に

今日はAIに仕事を奪われないという話から、どうAIを利用していくのかという二つの話をしましたが、日本には日本に合ったやり方ってきっとあると思うんですよね。正直、AIに仕事奪われるとか、今働いてる人もいるしそこに夢を抱いて働こうとしている人に対して大げさなコンテンツが多いなぁという印象です。だから、今日は「実際はそうでもないんじゃない?CADオペレーターだって、ただモデル書くだけの仕事じゃないんだよ?」という思いで記事を書かせてもらいました。

お付き合い頂きありがとうございました。









-・機械設計の仕事内容, 0.機械設計の仕事
-, , ,

Copyright© 機械設計メモ2 , 2019 All Rights Reserved.