機械設計士のメモ。勉強した事・ノウハウ・資料のシェア。

機械設計メモ2

・LMガイド(リニアガイド)

水平搬送する場合のLMガイド基本計算

投稿日:




今日は「水平搬送する場合のLMガイド基本計算」のメモです。一般的な利用方法「2レール2ブロック」における負荷荷重の計算です。

LMガイド基本計算

計算に必要な条件

  • レイアウト寸法(レールスパン・ブロックスパン、推力位置)
  • 負荷条件(質量・質量中心位置)
  • 駆動条件(速度・加速時間・加速度・ストローク)
  • 使用頻度(サイクル)

 

計算をする前に知っておくこと

LMガイドの負荷計算は、搬送物の質量中心位置や推力位置および起動停止時の加減速による慣性力などの作用により負荷荷重が変化するため、単純な「荷重/ブロック個数」ではないので注意する。

 

計算の順番と計算式

LMガイド負荷計算の順番と計算式はエクセルシートをダウンロードしてご確認ください。

 

計算式はTHKカタログより計算式を抜粋(主にカタログB1-61~B1-71の範囲)し、確認計算はTHKサイトの最適品選定ツールで確認しています。※若干計算結果がズレますがカタログ計算式ですと値がエクセルシートのようになりますのでご理解願います。

 

平均荷重が出たら寿命計算に移る

寿命計算は別記事「LMガイドの走行距離寿命と時間寿命計算方法」で計算シートをシェアしているのでそちらでご確認ください。

 

最後に

この記事はLMガイドの計算に特化しておりますが、LMガイドの選定のポイントにつきましては別記事「LMガイドを選定する際に理解しておくべきポイント」でも纏めているのでそちらもご確認ください。

 

以上です。









-・LMガイド(リニアガイド)
-, , ,

Copyright© 機械設計メモ2 , 2019 All Rights Reserved.