機械設計でフリーランスになる方法と、なった場合の話

2020年7月26日

 

今日は「機械設計でフリーランスになる方法と、なった場合の話」をしようと思います。

 

機械設計というお仕事をしていると、もっと色々な機械・製品を設計してみたいとか、もっと年収をあげたいとか、技術者それぞれ先の事を考えているかと思いますが、その中に 機械設計でフリーランスを目指す という選択肢もあるかと思います。

 

今日は、フリーランスで機械設計の仕事をしている私が、メリットやデメリットなどリアルな話をしますので、大体の事が把握出来るかと思います。これから機械設計でフリーランスも選択肢としてある方は是非参考にしてみてください。

機械設計でフリーランスになる方法と、なった場合の話




機械設計者のフリーランス

では、早速フリーランスについての話をしていきますが、この記事を読んでくださる方はどんな背景をお持ちでしょうか。ここでは、

 

  • フリーランスになる方法
  • フリーランスでの年収
  • 仕事を継続して得る方法

 

といった事を、具体的に話していきます。

 

機械設計でフリーランスになる方法

ではまず、フリーランスになる方法をメモします。機械設計でフリーランスになるために重要なポイントは3つあります。

 

  • お客様候補を2パターン以上獲得しておく事
  • 得意なCADを獲得しておくこと
  • SNSで自身を売り出しておく事

 

上記について簡単に補足をします。

 

 

お客様候補を2パターン以上獲得しておく事

お客様候補を2パターン以上獲得しておく内容と理由ですが、一つは実際に仕事を出してくれるお客様、二つ目はパイプとなってくれるお客様です。

 

2つのうち、両方とも仕事を出してくれるお客様だと、重なった場合どちらかを選ばなければいけない状況になるため、始めは尽くせる企業様一社だけでも良いと思います。

 

実際に仕事をくれるお客様は一社でいいの?と心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、与えられた仕事を最後までやりきる事を繰り返していれば、仕事を得られやすい環境を作れるようになります。(もちろん波がありますが)

 

中にはその一社で引退まで行くフリーランスの方も多いです。私でいうと、2つの内2つ目は商社さんでした。

 

フリーランスになった時に仕事をくれると約束してくれるお客様1社と、ひょっとしたら他に繋いでくれそうなパイプを強く持つ企業様との良好な関係作りがフリーランスになる場合押さえておくポイントだと思います。

 

 

得意なCADを獲得。もしくは借りる準備しておくこと

これは説明不要ですね、仕事を早く・正確に終わらせるなら得意なCADを準備したり、お客様が決まっていれば、始めから借りる申し出をしておく必要がありますね。

 

必ずしも新品のCADで、なおかつ保守に入っている必要はありません。

 

実際フリーランスで活動しようとすれば、作業環境を準備するのに初期費用は掛かりますから、資金的にも多少の準備があった方がよいと思いますが、すぐに仕事をもらえる環境であれば資金がなくても収入が生まれるので初期の資金は気にしないで大丈夫だと思います。

 

 

SNSで自身を売り出しておく事

これは絶対にやってください。その理由はリスクヘッジになるからです。 SNS運用は、この後に出てくる仕事を得る方法の一つとなります。(仕事を得る方法については後程書きます)

 

おすすめの持つべきSNSはTwitterで、尚且つ専用アカウントを持つことです。 実際私はTwitterを運用していますが、プライベートな内容は呟いても後で消したりアカウントに機械設計という色をつけています。このTwitterアカウントを持つ事は、機械設計でフリーランサーになるなら必須じゃないでしょうか。

 

参考:管理人のTwitterアカウントを見る

 

 

機械設計フリーランスの年収

次に、フリーランスになった時の月収・年収ですが「(時間単価×労働時間)-経費-税金=手取り」ですね。

 

私の実績を話すと(時間単価3000×労働時間)が、1年目の実績は総額1000万です。

 

お仕事に恵まれた形となりますが、それでも収入にならなかった時期があるので、一年間プロダクト販売無し、単純な工数請求の場合、フルで仕事があれば年収は1100万あたりが最高値になるんじゃないかと思います。 単価が3000円の理由ですが、今ではCADを貸し出してもらったりするなど、毎年保守を掛けているCADが無いため、単純に時間当たりの工数3000円で仕事しているためです。

 

CADに保守を入れている場合は、3500円以上としましょう。これだけみるとまぁまぁ貰えているような話になりますが、実際は経費と税金が掛かります。

 

フリーランスといっても、働き方で経費のかかり具合が変わってきますが、私の場合は

 

  • 作業場所:自宅 、カフェ、現場、時には車内・・・
  • 固定費:経理ソフト、Gsuite、電話・・・
  • その他:車両費、事務用品、パソコン・・・

 

ですと、大して経費が掛からないので利益が高めで結果的に税金や保険関係が多く掛かります。

 

  • 所得税:60万位
  • 住民税:55万位
  • 事業税:22万位
  • 消費税:まだ請求来ていない
  • 年金:36万位(妻含め)
  • 健康保険:36万位(任意継続)

 

現時点の総額で209万位です。 計算すると、1000万-209万=791万(約65万/月)が基本的な手取りとなり、これにまだ請求が来ていない税金が課せられるので 経費に使える分も含めて手取り700万位(約58万/月)で落ち着く と思います。

 

私は青色申告ですが家族(妻)を従業員にもせず単純に一人で活動しているので、上記がおおよそリアルな数字かとおもいます。

 

ここまで知ると、大して稼げない仕事かもしれませんね。

 

ただ、フリーランスは時間を自在に調整できるメリットがあるので、会社員の方と単純に年収で比較はできないです。私の場合は、年収以外の時間的メリットが家庭事情にも合っているためにフリーランスを継続しています。

 

 

機械設計フリーランスで仕事を得る方法

では、次にどうやって仕事を継続して取っていくのかという話をします。 ぶっちゃけフリーランスは仕事が安定しない事がリスク です。

 

って、皆さんご存知ですよね。これに関しては。

 

誰もが気にする部分で、いざ自分事になるとかなり焦ります。コロナ禍において、それでも忙しいカテゴリーと、一気に仕事がなくなったカテゴリーがあります。

 

無事フリーランスになったとしても仕事がずっと安定的にもらえる環境にたどり着く為には、第一にお客様と出会う機会を得る必要があり、次のステップでは設計ツールを合わせる必要があります。 基本的に、お客様と出会えて設計ツールの手配が間に合えば、継続するかどうかは別としてお仕事は得られると思います。

 

仕事を得るおすすめの方法は以下の通りです。私は実際に以下の4つでゆとりあるフリーランス生活を送れています。

 

  • リアルな繋がり(商社さん)
  • SNS(Twitter)
  • 求人している企業様に連絡
  • ブログもアリです

 

では、これら4つについて補足していきます。

 

 

リアルな繋がり、商社さんから仕事を教えてもらう

フリーランスになる方法で少し触れた商社さんが仕事を運んできてくれる時があります。これは機能の違いによるもので、私たち製造業において「餅は餅屋」、商社さんと私たちフリーランス設計者は必要な時にタッグを組みお互いを補填しあうことができます。

 

そんな私も、良くしてくださる商社さんからお仕事の情報をもらったり、時には私が繋がった会社さんと商社さんを繋いだりしています。

 

 

SNS(Twitter)で仕事がもらえる

これは私が経験している内容で、Twitterの運用は、断片的でも継続的に仕事を貰える状況になり得ます。

 

Twitterによる仕事のやりとりや、転職においても良いきっかけとなるはず。 私も実際、Twitterから数件お仕事をもらっています。もちろん、同じフリーランスの繋がりで仕事をシェアすることもあり、SNSの運用はリスクヘッジに対してかなりの効果があります。

 

さらに、今は時代の変化点といいますか、30~40代の技術者さんもTwitterやってますし、中には経営している方、これからマネージメントに進む方も多くいるかと思います。

 

時代が変わっていく中で、そんな技術者さんと今から交流しておくことは仕事を得るために必須科目だと思います。

 

 

ちょっと寄り道

副業としてなら良いかもしれませんが、機械設計のフリーランスとして活動するなら、個人的にクラウドワークスなどでお仕事を得るのはおすすめしません。 その理由は、結果的に我々設計者のスキルに似合った報酬が得られない内容が多いからです。

 

 

求人している企業様に連絡

これは裏技です。知り合いのフリーランサーに聞いた話であり、実際に「沢山連絡もらっちゃった、一緒にお仕事どう?」とお誘い頂いてその効果を見せつけられました。

 

実際技術者が不足している企業様は多いです。

 

もちろん無鉄砲に連絡するわけではなく、使用しているCADや仕事内容に応じて打つ数は少ないんですが、特大ホームランになります。

 

 

ブログもアリです。

これは私の経験ですが、元々このブログはメモ的な内容であり、仕事を得る目的で運用していませんでしたが、結果的に仕事へ繋がりました。

 

これは、仕事を得るためにブログが必須という意味ではなく、自身でメディアを持つことは効果的かもしれないということです。

 

つまりはブログ(メディア)もアリだと言うことです。

 

通常お金を払って求人を各メディアや機関に掲載しますが、自分でメディアを持っていれば自分で広告を出すことができます。

 

 

最後に

以上で、機械設計でフリーランスになる方法となった場合の話を終えたいと思います。(久しぶりに長文記事書きました)

 

どうだったでしょうか? 機械設計のフリーランスに魅力はありますか?

 

私はフリーランスになって得られる物が増えました。残業が続いていたサラリーマンの時とは違い、今は家族との時間も増えました。 もちろん、仕事が無い時の不安や収入の保証など失った物も大きいと理解しています。

 

私たち製造業には多くの問題があると思いますが、その問題の解決策の一つに、我々機械設計フリーランサーの充実もあるかと思っています。 私は引き続き機械設計フリーランサーとして頑張っていきますし、悟った話や有力情報はどんどん発信していくので今後も宜しくお願いいたします。

 

関連記事:フリーランス/独立

 

長い記事にお付き合いありがとうございました。

 

▼ Sponsored Links ▼






-【Z】その他雑記
-

© 2020 機械設計メモ2