機械設計士のメモ。勉強した事・ノウハウ・資料のシェア。

機械設計メモ2

・LMガイド(リニアガイド)

縦・垂直・昇降するLMガイドの負荷荷重計算(2レール2ブロック)




今日は「縦・垂直・昇降するLMガイドの負荷荷重計算(2レール2ブロック)」についてのメモです。以前、水平利用の計算書をシェアしましたが、本日はLMガイド垂直利用の負荷計算書のシェアになります。

LMガイドの縦使用

LMガイドを縦で利用する場合も水平利用と同じ手順で負荷計算を行います。

 

縦(垂直)利用するLMガイドの負荷荷重計算方法

LMガイドの縦利用の計算手順は以下の通りです。

 

  1. 必要情報を集める(エクセル内では黄色部分)
  2. 各LMブロックにおける、加速時のラジアル荷重及び水平荷重を求める
    →その二つの荷重より「等価荷重を求める」
  3. 各LMブロックにおける、等速(静止)時のラジアル荷重及び水平荷重を求める
    →その二つの荷重より「等価荷重を求める」
  4. 各LMブロックにおける、減速時のラジアル荷重及び水平荷重を求める
    →その二つの荷重より「等価荷重を求める」
  5. 加速、等速、減速の等価荷重を利用し、各LMブロックに掛かる平均荷重を求める

 

以上となります。ここで出た平均荷重はTHK製のLMガイドに限らず、使用条件が同じであれば他メーカーのガイド負荷の計算にも使えます。この計算が出来れば、利用予定の各型式に対してガイドの寿命計算が可能となります。

 

計算エクセルのダウンロード

ここでは縦使用のLMガイド負荷計算が出来るエクセルシートをダウンロードしていただけます。

 

 

以上です。※念のため、最終確認は型式を指定し、利用するガイドメーカーにて確認してください。

■この記事に情報が無かった場合の検索窓(当サイト内のタグ・語句を検索)






-・LMガイド(リニアガイド)
-, , , , , ,

Copyright© 機械設計メモ2 , 2019 All Rights Reserved.