ピアノ線(SWP-A・SWP-B・SWP-V)線径単位に対する引張強さ

 

今日は「ピアノ線(SWP-A・SWP-B・SWP-V)線径単位に対する引張強さ」についてのメモです。

 

圧縮スプリングなどに用いられる「ピアノ線」は「SWP」と記号で表されますが、ピアノ線は標準線径に対する引張強さが違うので、それを簡単ではありますが纏めました。

 

どうぞご利用ください。

 

ピアノ線(SWP-A・SWP-B・SWP-V)線径単位に対する引張強さ




ピアノ線について

JIS規格

JIS G 3552

 

ピアノ線の記号

ピアノ線A種:SWP-A
ピアノ線B種:SWP-B
ピアノ線V種:SWP-V

 

 

ピアノ線 SWP-A・SWP-B・SWP-V の用途

SWP-A:動荷重を受けるばね用
SWP-B:動荷重を受けるばね用
SWP-V:弁などのばね用

 

 

ピアノ線 SWP-A・SWP-B・SWP-V の弾性係数

下記弾性係数の値は単位別に一般的に用いられる値です。

 

横弾性係数:78500N/mm2
縦弾性係数:206000N/mm2

 

※圧縮ばねの計算に利用するのは「横弾性係数」になります。

 

SWP-A・SWP-B・SWP-V の適用線径について

SWP-A:0.08mm以上10.0mm以下
SWP-B:0.08mm以上 7.0mm以下
SWP-V:1.00mm以上 6.0mm以下

 

 

SWP-A・SWP-B・SWP-V の線径に対する機械的性質(引張強さ)について

※下記表示は「適用線径」の中でも「標準線径」とされるものに関して記載
ピアノ線は線径に応じて引張強さが違うので注意下さい。

 

SWP-A(線径単位mm:引張強さ単位最小~最大N/mm2)

0.08:2890~3190
0.09:2840~3140
0.10:2790~3090
0.12:2750~3040
0.14:2700~2990
0.16:2650~2940
0.18:2600~2890
0.20:2600~2840
0.23:2550~2790
0.26:2500~2750
0.29:2450~2700
0.32:2400~2650
0.35:2400~2650
0.40:2350~2600
0.45:2300~2550
0.50:2300~2550
0.55:2260~2500
0.60:2210~2450
0.65:2210~2450
0.70:2160~2400
0.80:2110~2350
0.90:2110~2300
1.00:2060~2260
1.20:2010~2210
1.40:1960~2160
1.60:1910~2110
1.80:1860~2060
2.00:1810~2010
2.30:1770~1960
2.60:1770~1960
2.90:1720~1910
3.20:1670~1860
3.50:1670~1810
4.00:1670~1810
4.50:1620~1770
5.00:1620~1770
5.50:1570~1710
6.00:1520~1670
6.50:1520~1670
7.00:1470~1620
8.00:1470~1620
9.00:1420~1570
10.0:1420~1570

 

 

SWP-B(線径単位mm:引張強さ単位最小~最大N/mm2)

0.08:3190~3480
0.09:3140~3430
0.10:3090~3380
0.12:3040~3330
0.14:2990~3290
0.16:2940~3240
0.18:2890~3190
0.20:2840~3090
0.23:2790~3040
0.26:2750~2990
0.29:2700~2940
0.32:2650~2890
0.35:2650~2890
0.40:2600~2840
0.45:2550~2790
0.50:2550~2790
0.55:2500~2750
0.60:2450~2700
0.65:2450~2700
0.70:2400~2650
0.80:2350~2600
0.90:2300~2500
1.00:2260~2450
1.20:2210~2400
1.40:2160~2350
1.60:2110~2300
1.80:2060~2260
2.00:2010~2210
2.30:1960~2160
2.60:1960~2160
2.90:1910~2110
3.20:1860~2060
3.50:1810~1960
4.00:1810~1960
4.50:1770~1910
5.00:1770~1910
5.50:1710~1860
6.00:1670~1810
6.50:1670~1810
7.00:1620~1770

 

 

SWP-V(線径単位mm:引張強さ単位最小~最大N/mm2)

1.00:2010~2210
1.20:1960~2160
1.40:1910~2110
1.60:1860~2060
1.80:1810~2010
2.00:1770~1910
2.30:1720~1860
2.60:1720~1860
2.90:1720~1860
3.20:1670~1810
3.50:1670~1810
4.00:1670~1810
4.50:1620~1770
5.00:1620~1770
5.50:1570~1720
6.00:1520~1670

 

関連記事:ばね

 

以上です。

▼ お願い ▼

最後まで読んでくださり有難うございました。 この記事に関しての感想・ご意見・補足情報があればSNSやブログでシェアしていただけませんか? 技術者が不足する中 ”ほんの一言" で構いません。 私を含めあなたの情報を必要としている方がどこかに居るはずです。

私と一緒に日本の製造業を盛り上げていきましょう٩( 'ω' )و

 

▼ Sponsored Links ▼






-【6】材料/材質/処理/特性
-

© 2022 機械設計者のメモブログ