機械設計士のメモ。勉強した事・ノウハウ・資料のシェア。

機械設計メモ2

・モーター

モーターのkW(定格出力)からトルクの計算方法

2019年7月22日




今日は「モーターのkW(定格出力)からトルクの計算方法」のメモです。

機械を設計するにあたって、動力をkWで表示する事があります。動力(kW)が解れば、どれだけのトルクが出るのかが計算できます。今日はその「モーターのkW(定格出力)からトルクの計算方法」をメモしておきます。

PIRO4D / Pixabay

動力(kW)

動力と回転の関係

動力は「回転の半径Rと回転数Nとによって決まる速度」に関係がある。

 

kW(定格)からトルクを計算するための式

※どちらの計算式でも構いません

 

  • トルク=60000÷2π×容量÷回転速度
  • トルク=(9554×容量)÷回転速度

 

例えば、0.75kWのモーターで1750r/minであれば

トルク=60000÷2π×0.75÷1750=4.1N・m

もしくは

トルク=(9554×0.75)÷1750=4.1N・m

 

トルクからkW(容量)を計算するための式

※どちらの計算式でも構いません

 

  • kW=(トルク×回転速度)÷9554
  • kW=トルク×(2 π×回転速度÷60)÷1000
  • kW=0.1047×回転速度×トルク÷1000

 

例えば、1750r/minで4.1N・mのトルクが必要なモーターは

kW=(4.1×1750)÷9554=0.75kW

もしくは

kW=4.1×(2 π×1750÷60)÷1000=0.75kW

 

【補足】計算式に出てくる単語の意味と単位は

 

  • 9554=1000×60÷2π
  • 回転速度:r/min
  • 容量  :kW(キロワット)
  • トルク :N・m

 

以上です。

■この記事に情報が無かった場合の検索窓(当サイト内のタグ・語句を検索)






-・モーター
-, , , ,

Copyright© 機械設計メモ2 , 2019 All Rights Reserved.