ばね(スプリング)の許容曲げ応力グラフ

2022年1月30日

 

今日は「ばね(スプリング)の許容曲げ応力グラフ」についてのメモです。 

 

圧縮ばねの計算で、ばねが壊れず使用できる最大応力を求める為に、応力率を把握する必要があります。 その応力率は (ねじり修正応力/許容曲げ応力)*100 の計算を用いて、 計算結果が80以下なら使用できる応力 という認識で良いそうです。

 

流れとしては

  1. 有効径D、素線径dのコイルばねにP(荷重)を掛けた時に発生するねじり応力(τo)を求める
  2. 実際のばねはコイルの内側と外側の応力が違うので、その影響を考慮し、ワール修正係数(K) を用いてねじり応力(ねじり修正応力)を計算し直す。(K*τo)
  3. そのねじり修正応力が今回提示する許容曲げ応力に対して8割以下であるかを確認する

という流です。

 

その際に利用する、ばねの許容曲げ応力グラフを簡単ではありますがメモしておきます。 




ばねの許容曲げ応力

許容曲げ応力のグラフ

ばねの許容曲げ応力は以下の通りです。

ばね(スプリング)の許容曲げ応力グラフ

以上です。

 

関連記事:ばね

 

▼ お願い ▼

最後まで読んでくださり有難うございました。 この記事に関しての感想・ご意見・補足情報があればSNSやブログでシェアしていただけませんか? 技術者が不足する中 ”ほんの一言" で構いません。 私を含め、ご訪問者様の情報を必要としている方がどこかに居るはずです。

私と一緒に日本の製造業を盛り上げていきましょう٩( 'ω' )و

 

▼ Sponsored Links ▼






-【3】機械要素の使い方/計算
-

© 2022 機械設計者のメモブログ