機械設計士のメモ。勉強した事・ノウハウ・資料のシェア。

機械設計メモ2

・仕事の仕方 ・見積り計算

機械設計における見積もり時間の考え方

2017年6月8日




今日は「機械設計における見積もり時間の考え方」についてのメモです。

私は、設計全体の見積もりだったり、部分設計の見積もりだったり、図面トレースの見積りなどを業務で頻繁に行なっています。今日は、それら見積りを行なうために使える効果的な見積りシートと、その使い方のメモを残しておきます。

 

機械設計の見積もりについて

まず先に、設計に対するコストイメージについて話をします。よく聞くのは「機械を見積もった場合、その中に含まれる設計費用はおおよそ〇〇%」などと言われることが多いのですが、私の過去実績を振り返ってみると設計コストは機械価格のおおよそ〇〇%とは一概に言えないと思っています。開発の難易度にもよりますし、量産型となれば1号機と2号機では設計費用が変わってきますし・・・。

機械が完成して設計に費やした時間が解ったとしても、それはあくまで結果値であって、一番大切なのは見積もりの段階でここを大きく外れないことだと思っています。そのため、この記事では機械設計の実務時間をどう効率的に見積もるのかをまとめてみようと思います。

 

見積もりと実工数の比較

見積もりの内容と実工数の比較をしている設計士さんはどれくらいいるんでしょうか。私の場合、見積もりよりも実工数が掛かっている状態をしばらく続けていましたが、ある時を境に見積もりと実工数の比較をするようになりました。

しばらく経っていくつかの実績を積んできたとき、仕事を請けた時の見積もりと検収時の実工数を比較が出来て、どこが違うのかを理解出来ました。

 

見積もりが実工数を超える理由は【検図】や【修正】時間だった

私の会社には若手エンジニアが多く、人に教育しながらの作業においては特に見積もり時間をオーバーしていました。当時私が見積もっていた方法は「自分がやったらこれくらいだろうな」という見積もり方、そして順調に進んだ時に掛かる想定の時間でした。

このままでは駄目だと思い、比較をするようになって細かく時間を付けていると「検図・修正作業」かなり時間が掛かっていたことが解ったのです穴が2個あいてるプレートであれば製図時間はすぐですが、検図は穴が開いてるだけ・寸法が入っているかのチェックだけではだめで、その先の購入品のチェックもする必要があったりするからです。

 

見積もり検証シートで見えるようにしたら色々良くなりました

私が今実践している機械設計の見積もり方法は、雛形を使った検証シートを作って時間を入れるような形でしています。機械に対して設計は様々な関わり方をするので、いくつかのパターンごとの検証シートがあります。

設計の見積もりは社内向けと外向けで考え方を変える必要があるのですが、簡単に言えば社内では実作業工数の把握とそこにどれだけ人を投入するかの指標となり、社外へ出るのは「実作業工数に管理工数×付加価値」の数字かなと思います。どちらも重要ですよね。社内の指標となるために正確な見積もりを作ることだと思いますし、それにどう付加価値を加えてお客さんに提出するのかも重要です。

お客さんは見積り時間より、時間単価や見積もりの総額を重視するので、もし「見積もりが高い」といわれたとしても、そのお客さんは設計のプロでない可能性もあることから、必要に応じて検証シートは出して理解をしてもらった方がよいと思います。私の場合は隠すことは何も無いので「高い」といわれればそのまま根拠を出し、予想している時間配分をご連絡しています。最近では言われる前に見積もり金額と同時に添付してしまうことがほとんどです。

この業界は、お客様からの「言い値」による受注も多く、それによる様々な悪循環も起きていますから、見積もりの信憑性はそれらの改善を行うにも必ず必要になってきますので設計士は見積もりをする能力も上げて行きたい所ですね。

 

見積もりシートをUPしておきます

ここでは私が実際に使っている見積りシートをUPしておきます。この記事をしっかり読んでいただいた方なら、自分の設計会社に合ったシートをすぐに作れちゃうと思いますので、あくまで参考ですが・・・。あともう一つ重要なことですが、見積もりは細かく見れば見るほど精度を増すものなので、楽に見積もれるシートではございませんのであしからず。

 

機械設計全体の工数見積り

機械設計の全体を見積もるには、そのプロジェクトのDRの想定回数や、それらにまつわる資料作り、そして本設計に出てくる各装置(部位)の把握などが見積もるために必要になってきます。

 

機械設計詳細の工数見積り

機械設計における詳細設計の見積りを行なう際に必要な事は、出来るだけ細かく分類しそれに必要な工数を充てる事です。見積りが苦手な人は出来るだけこの小分け作業を出し切るようにしてください。

 

部品図作成の工数見積り

部品図作成に掛かる工数の見積りは、提供されたモデルを、部品図にするために修正する必要があるのか、そして検図をどこまでするのかが重要です。

 

部品トレースの工数見積り

部品トレースの工数見積りは、モデル化と図面化、検図が必要です。

 

購入品トレースの工数見積り

購入品のトレース業務の依頼もありますのでそれもUPしておきます。購入品のトレース(モデル化)で重要なのが、3DCAD・2DCADデータを所持していない企業もあるということです。その場合は、PDFから3Dモデルを作らないといけない場合もあるので、探す時間とダウンロードするまでの時間も把握する必要があります。

 

以上です。

■この記事に情報が無かった場合の検索窓(当サイト内のタグ・語句を検索)






-・仕事の仕方, ・見積り計算
-, , ,

Copyright© 機械設計メモ2 , 2019 All Rights Reserved.