【3】機械要素の使い方/計算

ロボシリンダと単軸ロボットの違い

【3】機械要素の使い方/計算

ロボシリンダと単軸ロボットの違い

  今日は「ロボシリンダと単軸ロボットの違い」についてのメモです。   いきなりですが ロボシリンダと単軸ロボットの違いは明確に理解しておいたほうが良い と思います。というのも、単 ...

Oリングのつぶし代・つぶし率・充填率まとめ

【3】機械要素の使い方/計算

Oリングのつぶし代・つぶし率・充填率まとめ

2020/9/9    

今日は「Oリングのつぶし代・つぶし率・充填率まとめ」についてのメモです。   Oリング(JIS B 2401)は、液体や気体などが装置から漏れるのを防ぐために使用するものですが、Oリングの選 ...

光電センサで覚えておきたい一般情報まとめ

【3】機械要素の使い方/計算

光電センサで覚えておきたい一般情報まとめ

2020/5/14    

今日は「光電センサで覚えておきたい一般情報まとめ」についてのメモです。   機械を設計する上でセンシングは欠かせないのですが、センサには得意・不得意があり知れば知るほど選択肢・使い方に自由度 ...

六角穴付きボルトに使えるキャップ(蓋)まとめ1

【3】機械要素の使い方/計算

六角穴付きボルトに使える【ゴミ避けキャップ・蓋】まとめ

2020/7/26    

  今日は「六角穴付きボルトに使えるキャップ(蓋)まとめ」です。   機械を設計していく中で、ボルト部分にゴミが降りかかる環境があります。そんな時に使える六角穴付きボルト用のキャッ ...

エアシリンダの無接点スイッチの動作範囲は数ミリで、応差は1~1.5ミリ以下_1

【3】機械要素の使い方/計算

エアシリンダの無接点スイッチの動作範囲は数ミリで、応差は1~1.5ミリ以下

  今日は「エアシリンダの無接点スイッチの動作範囲は数ミリで、応差は1~1.5ミリ以下」というメモです。   先日、一つのエアチャックを利用して複数のワークを把持するを設計しました ...

LMガイド,リニアガイド,レール,固定,方法

【3】機械要素の使い方/計算

LMガイド・リニアガイドのレール固定にお勧めの方法

  今日は「LMガイド・リニアガイドのレール固定にお勧めの方法」についてのメモです。 かなり前からある機械要素ですが、この方法以外の固定でLMガイドレール取り付けが上手くいかない、芯だしが思 ...

LMガイドの動きが悪くなる理由

【3】機械要素の使い方/計算

LMガイドの動きが悪い理由・原因は大きく分けて3つ

  今日は「LMガイドの動きが悪い理由・原因は大きく分けて3つ」についてのメモです。少し前の話になりますが、ある機械の組立後・調整作業の際にLMガイドの動きが悪かったものを見たことがありまし ...

外部過重を受ける時のLMガイド負荷過重計算

【3】機械要素の使い方/計算

水平駆動中に外部荷重を受けるLMガイドの基本計算

  今日は「水平駆動中に外部荷重を受けるLMガイドの基本計算」についてのメモです。LMガイドで搬送しながら搬送物の任意の場所にX/Y/X方向への外部荷重・負荷が掛かった際にLMガイドへどれだ ...

電線の規格AWGとは?AWGのサイズについて_1

【3】機械要素の使い方/計算

電線の規格AWGとは?AWGのサイズについて

今日は「電線の規格AWGとは?AWGのサイズについて」のメモです。AWG(米国ワイヤゲージ規格)は電線メーカーの取り扱い製品によって多少の違いがあるようです。そこでAWGの捉え方と、例を挙げて電線の内 ...

センサー・カメラなどは調整後に再現できる構造が良いと思う

【3】機械要素の使い方/計算

センサー・カメラなどは調整後に再現できる構造が良いと思う

2021/7/23    ,

今日は「センサー・カメラなどは調整後に再現できる構造が良いと思う」という話をメモしておきます。 センサーやカメラというのは設置範囲の広い物が多いため、センサやカメラを取り付ける板金部品など長穴にて取り ...

ノックピン・平行ピンの使い方と穴公差などの参考設計方法1

【3】機械要素の使い方/計算

ノックピン・平行ピンを位置決めとして使う場合の設計方法

  今日は「ノックピン・平行ピンを位置決めとして使う場合の設計方法」についてのメモです。   まず、機械部品などの位置決めには大きく分けて2つあります。 位置決めピンという名称のも ...

クロスローラーリングの検討・荷重計算

【3】機械要素の使い方/計算

クロスローラーリングの検討・荷重計算

今日は「クロスローラーリングの検討・荷重計算」についてのメモです。THK製のクロスローラリングの計算はメーカーサイトに無い(と思われる)ので、カタログの情報を元に計算書を作り、クロスローラリングの事に ...

© 2022 機械設計者のメモブログ